J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻 第3番 嬰ハ長調 BWV.848



【演奏】pianogirl4ever さん
【曲目】「平均律クラヴィーア曲集第1巻 第3番 嬰ハ長調 BWV.848」
【出典】『平均律クラヴィーア曲集第1巻』
【作曲家】J.S.バッハ

【Pianist】pianogirl4ever -san
【Title】"The Well-Tempered Clavier Book 1 No.3 in C-sharp Major, BWV.848"
【From】"The Well-Tempered Clavier Book 1"
【Composer】J.S.Bach




J.S.バッハの「平均律クラヴィーア曲集第1巻 第3番 嬰ハ長調 BWV.848」です。

クラシック曲の解説は、管理人には荷が重いので
ヤマハのサイト(http://yamaha.jp/pianorg/detail/22)から引用です。
1722年。バッハのクラヴィーア作品の代表作。
24の調性をハ長調から順に半音ずつ上がり、
それぞれの調が「プレリュード」と「フーガ」の2曲になっている。

この形式はJ.K.F.フィッシャー(1665-1746)の
『アリアドネ・ムジカ』というオルガン曲集がモデルである。
また、平均律による調律法もこの曲集によって確立された。

多彩な曲想で書かれた「プレリュード」と
ポリフォニーの最高な技法が用いられた「フーガ」など、
様々な点から音楽史上最も重要な曲集の1つである。

有名な指揮者ハンス・フォン・ビュローが
この曲集をピアニストの“旧約聖書”と呼んだことでも知られている。

プレリュードでは8小節の同じ主題的旋律が
右手と左手で交互に繰り返されている。フーガは3声。


なんか弾いてると無心になれそうな曲ですよね〜。

バッハ:平均律クラヴィーア曲集全巻 バッハ : 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 バッハ : 平均律クラヴィーア曲集 第2巻


演奏は、pianogirl4everさんです。
カナダ在住の日本の方です。

他の動画も下の「pianogirl4ever」というリンクから見れるので
よかったらどうぞ。

RSS登録済みなので、新作は上部「ピアノ新着情報」に表示されます。
よかったらチェックしてみてください。


【関連楽譜】
J.S.バッハ/平均律クラヴィア曲集 第1巻 BWV846-869商品名:J.S.バッハ/平均律クラヴィア曲集 第1巻 BWV846-869
(ブルーノ・ムジェリーニ版)
出版社:ヤマハミュージックメディア
ジャンル名:ピアノ教本・曲集
定価:2,625円(税込)



J.S.バッハ/平均律クラヴィア曲集 第2巻 BWV870-893商品名:J.S.バッハ/平均律クラヴィア曲集 第2巻 BWV870-893
(/ブルーノ・ムジェリーニ版)
出版社:ヤマハミュージックメディア
ジャンル名:ピアノ教本・曲集
定価:2,940円(税込)



J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻 第3番 嬰ハ長調 BWV.848│Comments(0)クラシック 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字