ベルリンでベートーヴェンの「最後のピアノ曲」を発見か

ピアノ関連のニュースを発見したので紹介。

[シドニー 8日 ロイター] 豪シドニー大学の音楽学の准教授が、ドイツの作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの書いた「最後のピアノ曲」の可能性がある楽譜を発見した。



ピーター・マカラム准教授は、ベルリンの州立図書館でベートーヴェンの最後の音楽小品集を調査していたところ、手書きによる32小節の楽譜を見つけた。ベートーヴェンの小品集については大半が詳細に研究されているが、最後の小品集はあまり注目されていなかった。
 マカラム氏はロイターに対し、ベートーヴェンは読みにくい速記を使うことが多いためピアノ曲とすぐには分からなかったと語った。
 同氏は、今回発見した楽譜は1827年3月にベートーヴェンが死去する直前の1826年10月に書かれたとみている。


引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080909-00000514-reu-ent



ん・・・州立の図書館で?
と思って調べてみたところ、「州立」とありますが扱い的には「国立」ということみたいですね。
ライプツィヒ・フランクフルト・ベルリンと3か所あり別々の役割をしているみたいですね。
ベルリンは、「Deutsches Musikarchiv」という名前のとおり「音楽資料」を担当しているみたいです。


驚きだったのが、図書館の利用料が有料なんですねぇ〜。
「誰もが使えること」と「"国立"図書館としての機能」を天秤にかけた結果なんでしょうか?


さて、「最後のピアノ曲」とは、どんな曲なんでしょうね〜。
いつか聞くことができるんでしょうか?
とりあえず、真偽判定を楽しみに待ってます♪


そんなのでるのだろうか・・・・?






ベルリンでベートーヴェンの「最後のピアノ曲」を発見か│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字