ショパン:ポロネーズ14番 嬰ト短調

フレデリック・ショパンのポロネーズ第14番嬰ト短調は1821年の作品。死後の1864年に出版された。デュポン夫人に献呈。わずか11歳の少年ながらピアノ演奏にふさわしい調性を選択して、無理な力を入れない演奏を志しているところに、早熟の才能を見出せる。(wikipedia「ポロネーズ第14番 (ショパン)」より引用)




【演奏動画へのリンク】
funautaさんによる演奏






ショパン:ポロネーズ14番 嬰ト短調│Comments(0)クラシック 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字